FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美の小人

ここ数日、ちょっと引きこもりモードなんですが。

普段大声を上げて喧嘩する事がないだけに、この前の喧嘩でほとんどの
ストレスを発散して、抜け殻状態になっているわたしです。

そんな塞ぎ込んだ雰囲気を解消するにはお散歩が一番です。

わたしの家の近くに、帷子(かたびら)川と新田間(あらたま)川という
ドブ川があります。帷子川の方は、一時期、アザラシのタマちゃんが流れ着いて
ちょっとした騒ぎになったこともありますが、はっきり言って普通のドブ川です^^;
あれから川をきれいにさせるような運動も無くはなかったはずなんですが、
タマちゃんが去ってからというもの、以前と大して汚さに変わりが無いように
思えるのは仕様でしょうか。

そんな帷子川ですが、わたしのお気に入りのお散歩コースで、川沿いに海の方へ
下っていくと横浜駅と交わります。この横浜駅周辺は、小さな川、まあ、ドブ川が
ほとんどですが、横浜港に向けてたくさん流れています。

そんな、地味に川の多いとこで、横浜駅は川に挟まれて建っています。
帷子川と横浜駅が交わるところから北の方を見ると、以前、TV番組”美の巨人たち”で
取り上げられた「Y市の橋」という絵のモデルになった、月見橋という橋があります。

わたしは絵や音楽に関して、”誰々の何ていう作品”というような覚え方を
あまりしないので、音楽の場合、口ずさんだり、コマーシャルやTV番組の
名前を挙げて必死に伝えますが、なんとも絵は厄介です。
実際に自分でそのアウトラインを書くか、実際の絵(もしくは模写や印刷物など)を
見せて伝えるしかありません。
せっかく必死で伝えて伝わっても「あぁ」程度のリアクションで終わることが
ほとんどで微妙に寂しい時が多いです^^;

しかしこの絵を描いた松本竣介さんという方、横浜に縁があるんでしょうか、
横浜駅周辺の風景をいくつか書いているようで、わたしも何となく気になって
「Y市の橋」という題名だけは覚えてました。画家さんの名前は絵の題名を検索して
ついさっき知ったなんてことは大きい声では言えません。
わたしがテレビで見た”Y市の橋”は、戦後の鬱屈した雰囲気がにじみ出ている、
あまりハッピーな絵ではなかったような記憶があるんですが、どうも戦前にも
数パターン描かれて居るようで、戦争という技術見本市が無関係の市民に与える
ショックの大きさをうかがい知る事が出来るのかもしれません。

そんな歴史を感じつつ”Y市の橋”、月見橋に立って横浜港の方を眺めてみる。
実際は大型デパートや高速道路が邪魔をして、そのほんのちょっと先にあるはずの
海も港も見えないんですが、それでもここはわたしの好きな風景のひとつ。
現代的で都会的な風景に押しつぶされそうな”唯一の自然物”である川の上に
自分が立っていると思うと、なんかとてもファンタジーを感じてしまう。
こんなドブ川さえも愛しく思えてくる。

それでも海に飢えているわたしは遊覧船に乗って”海”を楽しむ。
ここにくるまでにすでに世界に入っているので、アンニュイなキャラの自分を
そのまま引きずって、一人でボ~っと景色を流し見している。
流れていく、いつも見慣れているはずの風景。
切り刻まれていく、瞬間、瞬間の景色が楽しい。
少しの時間だけど、活力を取り戻すには充分。船を降りる頃には元気になっている。
満たされて家に着いたわたしは、おかずの食材を買い忘れたことに気づくorz
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

散歩して日頃のモヤモヤした気持ちを少しでも解消できるのはすごいいいことだよね。
マリは日頃車で行動することが多いから、いつも通る道とかの季節感を感じるには、木を見ることしかなかったり。
木は四季をあらわしてくれる役割かなw

おかずを買い忘れちゃダメ(*´ノェ`)コソーリ
あまりにもボーっとしすぎ(σ・∀・)σYO!! (*≧m≦*)プッ

木も水もマイナスイオン効果でリフレッシュできるって言うし、
気分転換には必須アイテム^^;
夏場になると独特のにおいを放つどぶ川も、ある意味四季を表しますw

家に帰って冷蔵庫の現状を見てあまりにもびっくりしてね^^;
おつまみ用に買ってた、小柱の干し貝柱(300円くらいの^^;)を
水に浸してからレンジでふかして軟らかくしたやつと、エビチリで余ってた
芝えびを小さく刻んでかき揚げ作ったよ^^;

タマちゃんのいた川のとこなんだ (*ノェノ)キャー
横浜っていい (`・ω・´)b

ねねさん、書き込みありがとう;;
そうなんです。あのタマちゃんが泳いだ川ですが、
人間であるわたしは、いくらお金をもらっても泳ぐ気になれませんw
そういえばタマちゃんどうしたろうね。。
プロフィール

かえで猫

  • Author:かえで猫
  • 文字主体の、長文日記が
    メインです。どうぞごゆっくり。

    愛知県に同名のバーが
    あるそうですが
    残念ながら無関係です。
    山崎12年を抱えて
    寝るほど好きですがw

    annie_s_bar@hotmail.co.jp
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。