FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命徴候

前回のお話の続きです。

わたしにはちょっとした特技があって、人の血液型をかなり高い確率で
言い当てることが出来ます。”おおらかなAB型”、”けちなO型”、
”まじめなB型”、”明るいA型”といった、性格診断では正反対とされるような人でも
9割がた見分けることが出来ます。そうするためには長い時間をかけて、
いわゆる”腹を割って話をする”ことが必要ですが、性格は変えられても
”本能”というものはそう簡単には変えられません。そこは、その人の漂う
雰囲気などから、ほわんと突然浮かんでくるものなので、
それこそ医学的、科学的な根拠はありませんが、いわゆる”血液型占い”よりも
かなり高い正解率を誇っていることがちょっとした自慢でもあります。
なのでいきなり「自分の血液型なーんだ?」と聞かれても、じっくり話さないと
わかりませんということは今のうちに言っておきます^^;

で、最近そんな血液型による性格診断が暴走を始めましたね。
B型の人間は会社で採用しないだの学校ではいじめられる対象になってしまうだのと、
”B型蔑視運動”が表面化してわざわざえらい先生方が”科学的根拠はない”などと
言わざるを得なくなった大きな騒ぎがありました。しかし、わたしが思うに、
”血液型占い”のおおもとの発端はそうした専門的な学校などの、ちょっとした話題から
出てきたものなのではないかと、そう思うのです。

そして浮かんだ仮説はこうです。
~ある日の、お医者さんを育てる学校での、血液型についてのまじめな講義にて~
先生:「血液はABOの種類があって、AとBはそれぞれの型を決める因子を持ち、
自分の血液型以外は拒絶する抗体を持っている。Oはそのどちらの型の因子も持たず、
O型以外は全て拒絶する抗体を持つ。AB型はどちらの因子も持ち、
逆にいずれの抗体も持たない。だからOはどの血液型にもあげられるし、
ABはどの血液型からももらえる。逆を言えばOは誰からももらえないし
ABは誰にもあげられない。だからOは気前がいい人間が多く、ABはケチなのが多いんだ」
生徒たち:(笑いながらも心当たりの人間を思い出し、血液型を照らし合わせてみる)

~数日後、その生徒の一人。医学とは関係ない学校に通う友人との会話~
生徒A:「面白い話を聞いたよ。血液型の話なんだけどさ。おまえABだろ?」
友人:「え!?何でわかったの?」
生徒A:「ぶひゃひゃ(やっぱ言ったこと合ってるわー)実はね。。」と
過日の講義の話をする。
そんな光景がそれぞれの生徒の周りで繰り広げられ、その友人や家族からも広まり、
”性格占い”として独り歩きを始め、その過程で、統計により大まかな確証が得られ、
(”統計による確証”というのは、言い換えれば、少数意見や例外はフィルターに
かけられてしまうということで、最も数の多い結果が”答え”となるわけです。)
それを元にさまざまな肉付けがされ、瞬く間に全国区の広がりに。

~さらに数ヶ月後、授業で血液型の話をしたセンセと、その友人の会話~
友人:「今、血液型占いって面白いのが流行ってるんだけどさ、おまえ、AB型?」
先生:「え!?なんでわかった?」

~ちゃんちゃん~

自分の他愛のない、授業での小ネタが知らぬ間に肉付けされ、
一人歩きしてしまった姿に愕然とした、なんていう流れがあるんじゃないか、
なんて勘ぐってみるのも楽しくて。
いや、実際、細かい流れは違ったとしても、これと似たような話の広がり方、
”占い”への発展をしていったことでしょう。きっとそうです。
そして、”血液型占い”として考えた人も、きっと当初は飲み屋での
友達同士の話のネタにでもなってくれれば程度に思っていたに違いありません。
しかし今はとうとうそれすら独り歩きし、”性格を決め付ける”という、さらに
絶対的なものにまで突き進んでいってしまったことは予想もつかなかったでしょうし、
そんな妄信者が現れたことに、きっと悲しい思いをしていることと思います。

占いというものは元々”統計学”的なものばかりで、”~である可能性が最も高い”
程度の、何の参考にもならないはずのものです。あくまでも酒の席での
ちょっとしたネタ程度のものだということを心に留めておかなければなりません。
でも”合ってる合ってる”とか言われたりすると、自分がどう見られているかも
それとなしに推し測ることも出来るので、それはそれで面白い。
何事も、”面白い”とか”楽しい”を真剣に捕らえてはいけない。
そんなわたしは、ハッピハッピとモンキッキーの行く末を真剣に気にするA型です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

σ(・ω・*)はいつも皆にO型でしょ?ってばれるよ^^おおざっぱで適当だからわかるんだって^^ヾ(・ε・。)ネェネェかえでちゃ!この日記さ~最初のは、Oがけちになってますけど(ノェ;)キッパリ☆

いやいや^^;
要は”AB型”っぽいO型の人、”O型”っぽいAB型の人を
高い確率で見分けられるよ、ということです^^;

難しいのは”A型”っぽいO型の人とか”B型”っぽい”AB型”の人かな。
わたしのカンが外れるのは、大体その辺の人です^^;

我が家はO型の人間は産まれない家庭です。
もしO型が産まれたら・・・
それはきっと神様のいたずらなんだろう・・・

第一印象だと野獣たんはB型、ぼぉさまはO型(かAか)かなという感じなんですが
第一印象での正解率は低いです^^;まあ、それで当たってたら
典型的な”その血液型の人”っていうことなんでしょうけどw

正解・・・

爆笑*ノノ
プロフィール

かえで猫

  • Author:かえで猫
  • 文字主体の、長文日記が
    メインです。どうぞごゆっくり。

    愛知県に同名のバーが
    あるそうですが
    残念ながら無関係です。
    山崎12年を抱えて
    寝るほど好きですがw

    annie_s_bar@hotmail.co.jp
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。