FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見下ろす景色

「変わったなぁ」
東急東横線に乗っていたわたし。電車の窓から見下ろす景色には、
代官山駅周辺の、おしゃれな街の、通りの景色。
わたしが子供の頃に見下ろしていた景色は、まるで違った。

以前は桜木町から渋谷を、今は横浜中華街から渋谷までをつなぐこの電車。
子供の頃、千葉の田舎から引っ越してきたばかりで、一本の電車で”東京都”の方まで
買い物に連れてってもらえるのが嬉しくて、そんな時にいつも乗っていた電車。
好きだった景色のひとつ。代官山から渋谷への間。

今、テレビで見るような代官山の景色なんてどこにもなくて、
戦後に建てられたような古い民家が密集している、ちょっとばかり寂しい景色。
駅を出て少しの間、そんな寂しい景色が流れていって、電車は徐々に高架になってくる。
景色が開けてくると、足元には山手線が走っている。渋谷が終点のこの電車、
代官山から、その次の渋谷までは、いつも、とてもゆっくり走る。
きっと、大した距離は走っていないけど、電車はいつもゆっくり走るから
いつもゆっくり景色が流れていく。子供の頃のわたしは、そのゆっくり流れる景色を見て
東京(渋谷)がもうすぐそこにあると胸を躍らせていた。
今の代官山駅周辺の色を白とするなら、わたしが子供の頃に見た景色は、茶色。
そんな茶色の、少し薄暗い景色で少し沈んだその先に、賑やかな渋谷の景色があった。

とは言え、渋谷も変わった。今ほど派手な景色ではなかったけど、今よりは賑わっていた。
この”賑わい”というのも、なんというか、日本的な”賑わい”とでもいいますか。
殺伐とはしていたけど、歩く人歩く人に”うきうき感”があった。
そんな渋谷。嬉しいのに、父や母にしっかりしがみついてないとはぐれそうで。
そんな不安があるのも”遠出”ならではで。じゃあ、何を買ってもらったかというと
普通に、その日の晩のおかずだったりします。おもちゃとかは、近所の買い慣れたところで
買わないと落ち着いて選べなかったし、何よりここでは親にしがみついてないと迷子になる。

普段作ってもらえないような珍しいおかずや、ケーキなどの洋菓子を選んで買ってもらう。
それだけでも満足。そんな思い出が、この電車に乗るといつも浮かんでくる。
「変わったなぁ」代官山から渋谷の間を眺めているといつもこの言葉が出る。
気がつくと、近所の散歩をしているような時でもこの言葉がふと頭をよぎる。
自分の住んでいる周囲も、電車から見下ろす景色も変わってきている。

ちょっとローカルな話題になってしまいましたがお許しを(・∀・;)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

嫁の実家に帰ってみると景色が変わっているのに驚かされる事がよくあります。
特に田舎だった場所が一気に開発されて変わっているのに驚かされました。
古きよき物も残して欲しいんですがね・・・

うんうん
なんか、必要以上にきれいになりすぎてると、すごい複雑な気持ちになるよね。
特に思い入れのあるような場所だと、寂しい気持ちの方が大きくなる。
新しいものと古いもののバランスって、難しい。

今までの懐かしい風景って変わっちゃうとちと寂しいよね・・
とくに思い出の場所なんかはすっかりかわってると
( ´ρ`)アァ- ってなる(T-T) グスッ

だよね;;
子供の頃遊んだ場所には大体建物建ってるもんなぁ。。
今となっては、そこに何があったのかも忘れてるような場所もあって
よけいに寂しくなる。
プロフィール

かえで猫

  • Author:かえで猫
  • 文字主体の、長文日記が
    メインです。どうぞごゆっくり。

    愛知県に同名のバーが
    あるそうですが
    残念ながら無関係です。
    山崎12年を抱えて
    寝るほど好きですがw

    annie_s_bar@hotmail.co.jp
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。