FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ことのは

日本における終戦日が近づいてくると、大体どこかの番組で耳にする言葉なんですが。

「耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び・・・」の、
昭和時代の天皇陛下の”例の放送”です。

あれの全文って、皆さんご存知でしょうか。この、例の部分と、人によっては
冒頭の部分ぐらいは知っているかもしれませんが、これの全文を知っている、もしくは
どういう内容の放送だったか知ってる方ってどれくらい居るんでしょう。
というのも、わたしの職場、中国系、韓国系の方が居るため、この時期
そういう話題を振られますが、幸い出先で会う友達の子にロシア系クオーターの子が
いて、ロシア系の子が入ると、この話は勝手に消える魔術があるのを覚えました。
でもわたし、純粋な日本人でありながら実際あの部分しか知らなかったので、
この時期をいい機会に、調べてみようと思いました。

今は大変便利な時代で、ネット上で検索するとかなり見つかります。
実際は5分弱ほどのお言葉で、例の部分は3分半くらいのところに来ます。
それまでは何を話しているかというと、

検索などでこちらへおいでの方、こちらでは全文現代語要約につき原文はありません。
原文をお探しの場合は「」や「」で検索してみてください。

私は、平和で国が栄える喜びを国民と共有する歴代天皇の考えを大切にしてきました。
だからこの戦争は日本の自立と東アジアの安定のための戦争であって
他国の主権を排除して領土を侵すことを私は全然望んでません。
でも戦争も長引いてきてけが人も増えてきたし、状況もちっとも良くならないし、
世界から見た日本の立場も良くなってないし、それどころか原爆なんて落とされて
一般人の被害がどうしようもなく増えてきたし、このまま続けたら
日本人は全滅しちゃうから、無条件降伏宣言を受諾することにしました。

これまで協力してくれた国や人たちには申し訳ないと思ってます。
日本のために命を落とした国民には身を引き裂かれる思いです。
また、怪我をしたり、家、仕事をなくした人のこれからにも心を痛めてます。
これからの日本はとにかく大変だし、みんな負けを認めたくない気持ちも分かるけど、
耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び、永遠の平和を実現させていきましょう。

(原文は長く、また古語なので、現代語要約してます)

と、ここにたどり着くまで、とりあえず降伏しましたごめんなさいっていうのと
敗戦国として国際的に必要な言い訳を全体の3分の2ほど話しているわけです。
いろいろ思うこともあるんですが、デリケートな問題だけに、
それはわたしの心の中にとどめておくことにします。
そして、例の言葉の前では、戦争に疲れきった国民を心配してくれています。
この辺からがむしろ彼の本心なんじゃないでしょうか。というのも
この放送、この後も続くんですが、わたしは不覚にも泣いてしまいました。
こんな感じのことを言っています。

私は、こうして国としての形を維持することが出来れば、日本国民いい人たちだから
それを心のよりどころとして、また一緒に過ごすことが出来ます。
だから感情的になって事件を起こしたり、仲間割れして平和へ向かう時代の流れを
混乱させたりしたら、また世界から信用されなくなっちゃうから。
ちょ、それだけはマジヤバめだから。
って、くだけ過ぎかw
それを国のみんなで子孫まで語り伝えて、日本は不滅だけど、これからの復興は
とっても大変だっていうことは覚悟してもらって、未来の日本のために
正しい道を忘れずに「これが日本だ」ってとこを世界に見せて、
世界の流れに遅れないようにしようね。わかった?忘れないでね。


わたしは、この最後のくだりを読んで、昭和天皇は戦争を望んでいなくて、
今ちょー戦争してぇって言う軍部を抑えることが出来なかっただけなんじゃないか、
そんな風に思えてきました。
それでも、いかなる理由においても戦争は良くないことだと思いますし、
負けは負けです。その負けを認めてここまでになったわけですが。。。

彼がこの放送の最後の部分で望んだことは、達成されているんでしょうか。

あなたの国は平和ないい国になりましたよと、胸を張って言えないわたしがいます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

えーっとぉ(;´▽`A``
途中まで当時の原文をそのまま転記してると思ってよんでました;
ま、こういう苦難を乗り越えて今の日本があるんだから
いまの戦争経験のない若者にも読ませたいね(俺もそうだけどw)
ということで本日終戦記念日なんで、黙とう(-∧-)

と○○○○>
公人が~しちゃうからとか言わないでしょw
よりによって、こんなコメントの難しい日にコメントいただいて感謝です。
今の若い人には、こうした無念さよりも、実際に川を流れる死体の山を
見せた方が効果ありそうだけど、実際そんなこと無理だし。
暴力を知らない子の方が暴力的になるということは戦争を知らない世代は
戦争に憧れるものなんでしょうか。だとしたら恐ろしい。
プロフィール

かえで猫

  • Author:かえで猫
  • 文字主体の、長文日記が
    メインです。どうぞごゆっくり。

    愛知県に同名のバーが
    あるそうですが
    残念ながら無関係です。
    山崎12年を抱えて
    寝るほど好きですがw

    annie_s_bar@hotmail.co.jp
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。