FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DVD鑑賞会

数日前、仕事先のお友達の子から”ゲド戦記”のDVDを買ったので鑑賞会をしようと
お呼ばれして、行ってきました。

そういえば、観ようと思っててすっかり忘れてしまっていた。。
そこで思い出したわたし。
”サイレントヒル”の映画も観てないじゃん!!行きがけに買っていこうっと。
なんか色々特典付きのセットが安かったので、それを買ってみた。
なぜかゲームの豆知識めいたものまで載っていて、得した感じ。買って良かった。

彼女の家に着くと、一緒に誘ったという、仕事先の仲良しちゃん2名がもう来ていて、
一人が”鉄コン筋クリート”のDVDを持ってきていた。3本立てですか!?
ちょっとわたしサイレントヒルなんか買って、場の空気を読み損ねたか。。
とりあえず、暗くて重苦しい雰囲気のサイレントヒルから観ることに。

すごい。ゲームの雰囲気そのままです。ストーリー的には、養女として引き取った
おこちゃまが怪しい挙動、言動をするようになり、その中に「サイレントヒル」という、
おこちゃまが行った事も見たこともない地名が出てきたので、母親がその子を連れて
サイレントヒルに何があるのかと謎を解きに行ってみると。。というお話。
ゲームで言うなら1作目を軸に、2作目、3作目辺りの要素も盛り込んで、
きちんと映画として仕上げています。ちょっと狙いすぎた所もあるけど面白かったです。
化け物はやっぱり視覚というより精神に来るタイプです。キモコワって言うんでしょうかw
終わり方は「・・・ほぉ。そう来ましたか」という感じです。わたしは良しとしてます。
でも、2作目を軸にした話だったらもっといいと思ったんだけどな。。
途中、ちゃんと"Annie's Bar"もあったのを見つけて、一人で悦に入ってました*ノノ

そんな、どんよりとしたところでお昼ご飯に。今日の”主賓”、ロシア系の子による、
メキシコ料理の日本版アレンジ(ややこしいw)、タコライスというものがメインディッシュ。
タコスの、外の皮(トルティーヤだっけ)の部分がサフランライスになったもので、
ご飯の上にスパイシーなミートソース、レタス、チーズを乗せて、
サルサソースをかけてある。まさにタコスのご飯バージョン。
とても濃い食べ物なので、不思議と薄味のお吸い物がマッチします^^;

前日にしっかり”王子様”への毒見を済ませていたそうで、あんな話やこんな話が
聞けるかと散々イジってみたものの、お互いの仕事の忙しさからか、特に進展なく、
でも充分幸せだというので、それにあやかろうと泣くほどくすぐり回してやった。
わたしは彼より先に彼女を泣かしたぞ。フフン

さて、食後の一休みに”鉄コン・・”を観る。
なんというか、異常に身体能力の高いガキ大将と、その相棒の、ほよよんとした感じの
おこちゃまの2人組が繰り広げる大冒険、と簡単に言ってしまえばいいのかな。
古き良き昭和のヤクザ世界を随所に感じる、良くも悪くも”最近の人が作った”雰囲気の
アニメ映画です。あまり期待していなかったけど、結構面白かった。
だけど、海外を意識しているのか、脚本家が若いのか、「自己の暗黒面」と
対峙する主人公、のようなシーンもあったりして、そんな発想の元となった話が原作の
映画をその後に観ることもあって、ちょっと印象が薄れてしまった。

再び休憩。ちょっと近所の散策に出てみる。この辺の雰囲気は面白い。
最近建った感じの現代的なビルと、昭和や、もっと昔からある空気感が混在していて
一区画歩くだけでもまったく違う時代が顔を出してきます。
横浜のそれともまたちょっと違う、独特な”時代感”を醸し出している所でした。

さて、一休みしたし、メインイベントの”ゲド戦記”観ましょうか。
で、これは誰を主人公と言えばいいんでしょうね。。
どこかの王様であった父親を殺して逃げ惑っている少年か、その途中で遭遇した
大賢者さまか。ゲド戦記というタイトルなので、大賢者さまの視点にしますか。
”戦記”という、殺伐とした単語の割には、ゲドさんは魔法使いだったりします。
そんな、魔法というものも疑いの目で見られ始めた時代に生きている彼が
旅の途中で遭遇した少年に、ものごとの”真実”を見極めていくことを諭すお話。

ゲドさんはほとんど戦ってません。というか、ほとんど戦うシーンはありません。
やはり言いたいことは自己との戦いなんでしょうか。
ゲドさんは多くを語りませんが、言うことがいちいち心に染み入ってきます。
ここでの世界はあくまで空想ですが、明らかに現代に置き換えて語っています。
町の人もどこか冷めた、というより、何かを勝手にあきらめている感じの雰囲気が
漂っています。現代のわたしたちに対して何かを訴えかけようとしているんでしょう。
ネット上ではこの映画は酷評のようでしたが、元の話を知らないわたしは
それなりに楽しめましたし、嗚咽をあげて泣いていた”主賓さま”をはじめ、
みんな鼻をすすって目を赤くしていたので言いたかった事は伝わっていると思います。

さて、これらの映画を今回は大画面の液晶テレビで見ることが出来たんですが
やっぱりいいねぇ。と言ってもウチにこんな物置いたら目が悪くなってしまいます^^;
適材適所。そんなわたしの家にはテレビすらないわけですがw

外が暗くなり始めた頃、上映会終了。疲れておなかペコペコになっていたので、
みんなで近くにあったイタリアンレストランへなだれ込んだのでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かえで猫

  • Author:かえで猫
  • 文字主体の、長文日記が
    メインです。どうぞごゆっくり。

    愛知県に同名のバーが
    あるそうですが
    残念ながら無関係です。
    山崎12年を抱えて
    寝るほど好きですがw

    annie_s_bar@hotmail.co.jp
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。